中国語の語調

語調(イントネーション)は話す時の声の高さの変動です。語調の変化によって語気を違うものにし、さまざまな感情を表現します。


中国語の語調の変化には一定の決まりがあります。平穏な語調は陳述の語気、語調を上げると疑問の語気、語調を下げると推定・推測の語気、語調を曲折させると感嘆する語気になります。例を挙げて説明します。


1.他是日本人。

shì rì běn rén。

彼は日本人です。

 語調平穏。客観的に事実を述べる。句点を使う。

2.他是日本人吗?

shì rì běn rén ma?

彼は日本人ですか。

 語調上向き。疑問を表す。疑問符を使う。

3.他是日本人吧?

shì rì běn rén ba?

彼は日本人でしょう?

 語調下向き。推定、推測を表す。疑問符を使う。

4.他是日本人呀!

shì rì běn rén ya!

語調曲折。驚きを表す。感嘆符を使う。


同じような内容の文ですが、語調の違いによって語気が変わります。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「是」は、中国語を使いこなすのにとても大事な単語です。「是」をマスターできれば、中国語でいろいろな表現ができます! ただ、外国の方は「是」イコール日本語の「~は…である」と英語の「be動詞」だと思い込んで、間違いがちです。ここでは「是」を使う一番基本的な表現を見ていきましょう。 「是」の基本文型:肯定文・否定文・疑問文 1、肯定文 「~は…である」 動詞の「是」は英語の「be」に相当しますが厳密に

日本語は同じだけど、中国語では違う言葉に当たることがあります。こういう時に、日本の方は間違いやすいです。ここでは二つの例を挙げて、説明します。 1.「走(zǒu)」と「去(qù)」がどちらも「行く」という意味ですが、中国語では意味が違います。 「走(zǒu)」はある地点から離れる意味を表します、英語の「leave/go」のイメージです。 「去(qù)」はある地点を目的地としてそこに向かっているとい