中国語の軽声の発音について

更新日:4月16日

中国語の音節の中には、すでに4つの声調のほかに、本来の声調を失って、軽く短く発音されるものがあります。これを軽声といいます。

軽声には声調符号はつけません。


軽声の発音で意味が変わる場合があるので、軽声をきちんと発音する必要があります。例えば、

「東西/东西」は dōngxī と発音すれば「東西」の意味でありますが、dōngxi と軽声で発音すれば、「物」の意味です。

「眼镜/眼鏡」はyǎnjìngと発音すれば「メガネ」の意味でありますが、yǎnjingと軽声で発音すれば、「目」の意味です。


常に軽声で発音されるいくつかのパタンがあります。

①同音を重ねた単語の第2音節- 爸爸(bàba) 、看看(kànkan)

②~⑦は実質的な意味をもたず、文法的な意味のみを表します。

助詞

②構造助詞 - 的(de)、地(de)、得(de)

③アスペクト助詞 - 了(le)、着(zhe)、過/过(guo)

④モダリティ助詞 - 嗎/吗(ma)、呢(ne)、啊(a)、嘛(ma)、吧(ba)、了(le)、的(de) など

⑤名詞

名詞の後に用いられる方位詞 - 上(shang)、下(xia)、裏/里(li)、邊/边(bian)、面(mian) など

⑥接尾辞 - 子(zi)、頭/头(tou)、們/们(men) など。

例えば、

桌子(zi),椅子(子),杯子(子),被子(子)

舌头(tou), 枕头(tou),石头(tou),木头(tou)

前头(tou),后头(tou),里头(tou),外头(tou)

你们(men),我们(men),他们(men),人们(men)

⑦動詞

動詞・形容詞の後ろに用いられ方向補語となる語 - 來/来(lai)、去(qu)、下去(xiaqu)、起來/起来(qilai) など



中国語の軽声は厳格なルールがなく、長い習慣の中で決まってきたもので、ネイティブでも個人や方言によっても軽声を使うかどうかの基準が異なります。ただ、最低限のルールを覚えいたほうがいいです。

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「是」は、中国語を使いこなすのにとても大事な単語です。「是」をマスターできれば、中国語でいろいろな表現ができます! ただ、外国の方は「是」イコール日本語の「~は…である」と英語の「be動詞」だと思い込んで、間違いがちです。ここでは「是」を使う一番基本的な表現を見ていきましょう。 「是」の基本文型:肯定文・否定文・疑問文 1、肯定文 「~は…である」 動詞の「是」は英語の「be」に相当しますが厳密に

日本語は同じだけど、中国語では違う言葉に当たることがあります。こういう時に、日本の方は間違いやすいです。ここでは二つの例を挙げて、説明します。 1.「走(zǒu)」と「去(qù)」がどちらも「行く」という意味ですが、中国語では意味が違います。 「走(zǒu)」はある地点から離れる意味を表します、英語の「leave/go」のイメージです。 「去(qù)」はある地点を目的地としてそこに向かっているとい