top of page

中国語には方位を表す表現がいつ必要なの?

私は大阪に住んでいます。→我住在大阪。

パパはいすに座っています。→爸爸坐在椅子上。


「大阪に住んでいます」を中国語にする時に、「大阪」の前に方位詞は必要がありませんが、

「いすに座っています」を中国語にする時に、「椅子」の後ろに「上」という方位詞は必要です。一体どういうことでしょうか?


在+場所

中国語の動詞「在」の後ろに場所がつく場合、人がいる場所/物がある場所を表します。どういう時に方位詞が必要かは、「在」の後ろの名詞が場所としてとらえるどうかは問題になります。

例えば、「大阪」、「北京」、「日本」、「中国」、「イオン」など地名や建築物の名詞は場所としてとらえていいので、後ろに「里」などの方位詞が必要ありません。

でも、「桌子」、「墙」、「椅子」、「冰箱」、「衣橱」などの名詞はあくまでも物で、場所ではないので、「上」などの方位詞が必要です。



閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中国語で「も」はどう言うのかな?

辞書を調べてみると、「还」も「也」も「も」という意味ですが、どう使い分けするのかな? 「也」は並列関係を表します。例えば、 ①我很好,我爸爸、妈妈也都很好。→私は元気で、父親と母親も元気です。(テキストの入門編上p13-14) ②他会说英语,也会说汉语。 →彼は英語がしゃべれます、中国語もできます。 ③我喜欢看电影,也喜欢听音乐。 →私は映画を見るのが好きで、音楽を聞くのも好きです。 でも、「还」

日本語の疑問文を作る助詞の[か]は中国語でどう言うのかな?

日本語の[か]は文の終わりにつき、疑問文を作ります。辞書をひくと、[か]は中国語で[吗]と書かれています。でも、全ての[か]は中国語の[吗]に訳せるわけではありません。 一.中国語の疑問文は何パータンもあります。最も基本的な疑問文は中国語の平叙文の文末に「吗」が付いている是非疑問文です。ようは、相手の質問に対して肯定(はい)か否定(いいえ)かの答えを求める疑問文です。是非疑問文は普通に中国語の[吗

中国語の[想]、[要]と[愿意]の違いは何でしょうか?

中国語には、[~したい]という願望・意欲を表す表現は[要]、[想]、[愿意]などあります。ただ、それぞれ意味が微妙に違います。 (1) [想] [想]は[~希望する/~したいと思う]という意味を表します。 例えば、 彼女も大変行きたがっている。→她也非常想去。 普通に実現ができる願望以外に、ただの願望で実際に実現ができない場合は、[想]しか使えません。 例えば、 私は世界一周旅行をしたいけど、今の

Comments


bottom of page